塗料を選ぶ

屋根塗装の修理の際に注意しておきたいこと

屋根塗装は、外壁塗装と同様に住宅を守るために欠かせない作業です。しっかりとした屋根塗装を行うことによって、大切な住宅を雨漏りなどのトラブルから守ります。屋根塗装には性質の違う様々な種類の塗料があり、耐久年数や機能もそれぞれ変わってくるために、自分の住んでいる環境や住宅にあった塗料を選ぶことが大切です。耐用年数や機能性の優れた塗料ほど、金額も高額になっていく傾向がありますが、一般住宅向けの塗料でも正しい方法で使用されることで高い効果を発揮する手ごろな価格の塗料もあるために、適切な施工を施してくれる業者を選びましょう。また、塗装の仕方によって、塗る回数や方法を変える事で室内の温度上昇を抑えたり、冷気や暖気を逃がさない加工の方法もあるため、専門業者としっかり相談した上で施工することによって、より快適な住まいにすることができます。

塗料の歴史と変遷に見る現代の屋根塗装

家屋の外壁や屋根塗装に使われている塗料は、歴史をたどっていくと明治に入ってようやく国内での生産が開始されたものでした。洋風建築の屋根塗装に使われる塗料は、もともとはイギリスなど諸外国からの輸入に頼っていましたが、コスト面での問題に直面し、明治7年に日本で初めて国内製の塗料が開発され、戦後になってからは様々な樹脂を使った塗料も開発されました。このような変遷をたどった屋根塗装も、現在ではさらにメンテナンスが簡単に行える機能的なものへと変化を遂げています。最近では、リフォームが盛んに行われることから、屋根塗装がはげてしまったり傷みが出てきても、塗り直しを行うことで新品同様の住宅に生まれ変わらせることも可能になってきています。