正しく草刈機を使う

取り扱いを注意することで、便利で楽しく草刈作業が出来ます

自宅の敷地内や庭園、田畑などの農地には、多少にかかわらず草が生えています。 草もそのままにしておくと、種がこぼれ、どんどん増えるばかりです。 いつの間にか、根のはりも多くなり、草むしりだけでは手に負えなくなります。 そればかりか、害虫も多くなり、人間にも環境にも不衛生となります。 草むしりは、腰にも負担がかかり、作業時間もかかるでしょう。 そこで、草刈機を使うことで、腰への負担や時間の短縮になります。 草刈機の使用は、取り扱いを注意して使用しなければ、怪我につながります。 特に注意することは、作動中の刃先への接触に注意することです。 手足などの接触は勿論してはいけませんし、石なども刃先に接触することで、飛び石となり怪我につながります。 しかし、取り扱いを注意することで、とても便利な機械で、作業も楽に楽しく出来ます。

場所や目的に合わせた作業が、スムーズに出来ます

草刈の方法も、鎌を使う方法と草刈機を使う方法があります。 鎌を使う方法は、草むしり同様、作業の効率が悪いことと体への負担があります。 体と労力の負担を軽減するには、草刈機が最適でしょう。 今では、様々な種類が豊富に取り揃えられています。 以前は、肩掛け式のエンジン式の物が一般的でした。 重い・騒音・振動などから、男性や農家さんが扱うものと思われていたでしょう。 しかし、女性や農家さん以外にも使えるように軽量・低振動・低騒音の物も数多くなりました。 そして、充電式の物もパワーありが、コードレスなのでコンパクトで、身軽に作業が出来ます。 その他にも、刃先が金属刃・プラスティック刃・ナイロン製もあります。 場所や用途に合わせて交換出来ることで、作業もスムーズに出来ます。